蠍座 (10月24日~11月22日)

 

「冬眠の終わり」

 

3月の蠍座のホロスコープを見ていると

「外に出るのだろうなあ」と思いました。

 

花や、虫や、小さな動物が雪解けの冷たい土から這い上がってきて、まだ少し弱いけど、しっかり明るい春の陽に目を細める。

 

そんなイメージで、

まず、3月前半14日頃までは、まずプライベートでの「移動」が盛んにおこなわれるでしょう。

 

外国なども含め、遠出をしたり、海外のものと向き合ったり。

会話を通じて、ふたりの心の中にある物事がいったりきたりするなどもあるかもしれません。

 

あなたは、ただ「移動」しているだけなのに

なぜか迎え入れる人から喜ばれるという、不思議なことも起こりそうです。

 

3月の後半は、まさにひっぱりだこと言った感じ。

 

あなたを求める人が増えてきて、てんてこまい!の忙しさになるかもしれません。

 

基本的に蠍座の人々は、耐える、やさしい人たちです。

一度関係を深く結ぶと、捨てる、ということはなかなかできません。

 

ですが、3月末までの忙しさは何かを後回しにしないとまわらないかも?

 

そんなとき、取捨選択のルールは「楽しいこと順」です。

 

3月は、12星座の少年と呼ばれる牡羊座に星が集まっています。

彼らは永遠の小学二年生。

あなたから見ると、到底子供っぽいかもしれませんが、そんな空気の中で大人ぶっててもしかたないのです。

 

迷ったら、楽しいこと順。それが、今月のムードです。

share :
×